地元業者の創意工夫

地方限定で事業を展開する引越し業者は、近隣地域への引越しが得意です。同じ都道府県内への引越しの場合、大手引越し業者よりも低料金で引越しができる可能性が高いと考えられます。その理由は、大手引越し業者にはネームバリューで劣るため、価格競争力で勝負するよりほかないからです。

コストダウンに向けた企業努力はほかにもあります。地元で小規模に運営する引越し業者は余計な経費がかかりません。たとえば、全国向けにTVコマーシャルのような大規模な広告を打ったり、事務スタッフや人事部の専属社員を抱えたりしていないことがほとんどです。企業の規模的に余力がないという見方もできますが、営業にかかる費用が最小限で済むため、低料金でサービスを提供できます。

近隣地域への引越しが得意な一方、地方の引越し業者は事業を営む地域外のネットワークを構築できません。事業を営む地域以外では交通事情や作業時間の予測ができず、営業所がないため見積もりにも労力を要します。そのため、ひとたび縄張りの地域を出てしまうと大手引越し業者に負けてしまうのです。

近隣地域で引越しをする場合は、地方の引越し業者のほうが低料金だと思います。引越しを検討している人は、相見積もりを取って価格を比較してみましょう。

大規模業者の対策

全国展開する引越し業者は、引越し料金の相場を牽引する存在です。通常、知名度がある業者に仕事が集中するため、大きな企業は広告費を掛けて大々的に広告展開しています。広告費が引越し料金に含まれるせいで、見積もり金額が高くなっていると考える人もいるかもしれません。しかし、現実にはコストダウンに向けて、大手引越し業者ならではのサービスを導入しているケースもあります。

まずは引越し時の保険です。別料金になることも多いですが、荷物の破損時に弁償するために保険へ加入する引越し業者は少なくありません。大手の業者は一括で保険に加入できることから、料金が値引きできることもあります。すると、小規模な引越し業者よりも保険にかかる費用が抑えられるので、リーズナブルに保険サービスが適用できるのです。

遠方への引越し時も大手の引越し業者をおすすめします。航路や海路のネットワークも構築できているため、遠くへ引越すときの費用が大幅に抑えられるのです。これは、遠方への引越し件数が少ない地元の引越し業者では難しいかもしれません。まとまった仕事を提供できるため、大手企業は価格競争力の面で優れていると理解しておくと、今後の引越しがリーズナブルになると思います。

引越し業者の企業努力

春は新生活が始まる季節です。就職や転職、進学をきっかけに引越す人もいるかもしれません。また、季節の途中でも諸事情によって引越すケースもあります。どちらの場合も、引越しをするときに気になるのは料金です。格安を謳う引越し業者はどのような努力をしているのでしょうか。

全国展開する引越しサービスは、仕事を大量に請け負う方向でコストダウンを目指しています。たとえば、荷物の弁済にかかる保険へまとめて加入したり弁済遠方へのネットワークによって費用削減を目指したりと、さまざまなアイディアを考えている企業が多いです。市場競争力における優位性も高く、広告費を多分に支払っても収益が上がり続けていると思います。

一方、地方で頑張る引越し業者に勝ち目がないわけではありません。ネットワークや団体加入のメリットはありませんが、小回りのよさを生かして近隣地域への引越しをサポートします。引越し元と引越し先が同一の都道府県内の場合、大手の引越し業者よりも低料金での見積もりが可能です。知名度や人員の多さで負ける代わりに、価格競争力で優位に立とうと考える地元業者もいます。相見積もりを取ってみると意外な料金の低さに驚くかもしれません。

引越しはこれからの自分の生活に影響する一大イベントです。コストパフォーマンスを考えながら、できるだけリーズナブルに引越しできるように対策を考えておきましょう。当サイトの情報があなたの引越しに少しでも役立てば幸いです。